×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



やんちのプログラミングメモ

こんにちは、こちらはやんちのウェブページです。
このページにはやんちがプログラミング中に使用するメモを載せて行く予定です。

CentOS5.2(Linux)に、Java 開発環境 JDK をセットアップしてみよう。

ダウンロード

http://java.sun.com/
より、JDK をダウンロードしてきましょう。

今回は、Java SE Development Kit (JDK) 6 Update 11より、
「Java SE Development Kit 6u11」
Platform:「Linux」
Language:「Multi-language」
を選び、
「jdk-6u11-linux-i586-rpm.bin」
をダウンロードしてきます。

インストール

ダウンロードしてきた、.bin ファイルに実行権限を付与。
chmod +x jdk-6u11-linux-i586-rpm.bin<Enter>

ファイルを実行
./jdk-6u11-linux-i586-rpm.bin<Enter>
... 中略
Do you agree to the above license terms? [yes or no] ← 利用承諾契約の確認
yes<Enter>
... 中略
Press Enter to continue.....
<Enter>
... 中略
Done.

環境変数を設定

「/etc/profile」を編集し、環境変数を設定する。編集個所は緑字。
# /etc/profile

# System wide environment and startup programs, for login setup
# Functions and aliases go in /etc/bashrc

pathmunge () {
        if ! echo $PATH | /bin/egrep -q "(^|:)$1($|:)" ; then
           if [ "$2" = "after" ] ; then
              PATH=$PATH:$1
           else
              PATH=$1:$PATH
           fi
        fi
}

# jdk path setting
pathmunge /usr/java/jdk1.6.0_11/bin
JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_11

# ksh workaround
if [ -z "$EUID" -a -x /usr/bin/id ]; then
        EUID=`id -u`
        UID=`id -ru`
fi

# Path manipulation
if [ "$EUID" = "0" ]; then
        pathmunge /sbin
        pathmunge /usr/sbin
        pathmunge /usr/local/sbin
fi

# No core files by default
ulimit -S -c 0 > /dev/null 2>&1

if [ -x /usr/bin/id ]; then
        USER="`id -un`"
        LOGNAME=$USER
        MAIL="/var/spool/mail/$USER"
fi

HOSTNAME=`/bin/hostname`
HISTSIZE=1000

if [ -z "$INPUTRC" -a ! -f "$HOME/.inputrc" ]; then
    INPUTRC=/etc/inputrc
fi

export PATH USER LOGNAME MAIL HOSTNAME HISTSIZE INPUTRC
export JAVA_HOME

for i in /etc/profile.d/*.sh ; do
    if [ -r "$i" ]; then
        . $i
    fi
done

unset i
unset pathmunge

環境変数の確認

ログインしなおし、環境変数を確認する。
printenv<Enter>

環境変数 PATH に「/usr/java/jdk1.6.0_11/bin」が追加されている。
PATH=/usr/kerberos/sbin:/usr/kerberos/bin:/usr/java/jdk1.6.0_11/bin:/usr/local/sbin:/usr/l
ocal/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin

環境変数 JAVA_HOME に「/usr/java/jdk1.6.0_11」が設定されている。
JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_11

ことが、確認出来ると思います。

有効になっている java のバージョンを確認

JRE(Java Runtime Environment/Java 実行環境)のバージョンを確認。
java -version<Enter>
java version "1.6.0_11"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_11-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 11.0-b16, mixed mode, sharing)

JDK(Java Development Kit/Java 開発環境)のバージョンを確認。
javac -version<Enter>
javac 1.6.0_11


簡単なプログラムのコンパイルと実行を確認

「HelloWorld.java」を新規作成し、編集。
public class HelloWorld {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello, World!");
    }
}

コンパイル。
javac HelloWorld.java<Enter>

コンパイルによって「.class」が作成されている事を確認。
ls<Enter>
HelloWorld.class     HelloWorld.java

HelloWorld クラスを実行。
java HelloWorld<Enter>
Hello, World!


動作確認環境:
CentOS5.2(Linux)
JDK 1.6.0_11

・2009-01-10

右サイドメニュー