×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



やんちのプログラミングメモ

こんにちは、こちらはやんちのウェブページです。
このページにはやんちがプログラミング中に使用するメモを載せて行く予定です。

CentOS5.2(Linux)に、Webmin をセットアップしてみよう。

Webmin を使えば、ウェブブラウザを使って、ネットワーク経由で Linux の 設定を行う事が出来ます。

ダウンロード

http://jp.webmin.com/
より Webmin をダウンロード。

今回は、
「webmin-1.430-1.noarch.rpm」
をダウンロードしてみました。

インストール

ダウンロードした Webmin パッケージをインストールする。
rpm -ivh webmin-1.430-1.noarch.rpm<Enter>
Webmin install complete. You can now login to https://サーバ名:10000/
as root with your root password.


設定

「/etc/webmin/miniserv.conf」を編集
allow=127.0.0.1 192.168.1.0/24
allow の行を編集し、アクセス許可するIPを追記する。

Webmin を再起動

/etc/rc.d/init.d/webmin restart<Enter>

ファイアウォールの設定

Linux Firewall が有効になっている場合、Webminが使用するポート10000を 開放する必要があります。

iptables -A INPUT -p tcp --dport 10000 -j ACCEPT<Enter>   ← ポート10000を開放
/etc/rc.d/init.d/iptables save<Enter>                     ← 設定を保存

Webmin へ接続

ウェブブラウザから、「https://サーバのIPアドレス:10000/」へ接続。
ユーザ名とパスワードを要求されるので、
ユーザ名に「root」
パスワードに root ユーザのパスワードを入力し、ログインします。

以上で、Webmin のセットアップは完了です。
Webmin を使い終わったらログアウトしておきましょう。

動作確認環境:
CentOS5.2(Linux)
Webmin 1.441

・2009-01-11