×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



やんちのプログラミングメモ

こんにちは、こちらはやんちのウェブページです。
このページにはやんちがプログラミング中に使用するメモを載せて行く予定です。

CentOS5.2(Linux)に、Java EE(Enterprise Edition) ウェブアプリケーション サーバ Tomcat6 をセットアップしてみよう。

事前に、JDK(Java Development Kit/Java 開発環境) をセットアップしておく 必要があります。
「webmin」も使用しますので、「webmin」をセットアップしておく必要があります。
まだの方は、 Java 開発環境 JDK をセットアップ
も併せて、ご参照ください。

ダウンロード

http://tomcat.apache.org/
より、Apache Tomcat 6.0.18 をダウンロード。

今回は、
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz        ← デプロイヤ
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.asc    ← 著名
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.md5    ← チェックサム
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz        ← ドキュメント
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.asc    ← 著名
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.md5    ← チェックサム
apache-tomcat-6.0.18.tar.gz                 ← Tomcat 本体
apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.asc             ← 著名
apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.md5             ← チェックサム
をダウンロードしてみました。

Note:「.tar.gz」ファイルは、圧縮ファイルです。
Note:「.asc」ファイルは、著名ファイルです。ファイルが第3者によって改ざんされていないかチャックする際に使用されます。
Note:「.md5」ファイルは、チェックサム用ファイルです。ファイルがダウンロード時などに、破損していないかチェックする際に使用されます。

今回は、「.asc」「.md5」ファイルの使用方法は、割愛します。

Tomcat 用にユーザを作成

Tomcat サービスを実行するユーザを作成します。
useradd -d /var/tomcat6 tomcat6<Enter>
「tomcat6」と言う名前のユーザを作成。
「tomcat6」のホームディレクトリを「/var/tomcat6」とする。

Note: ユーザ「tomcat6」は直接ログインする事はありませんから、 パスワードは設定していません。

作業用ディレクトリを作成

Tomcat セットアップ作業をするために、作業用ディレクトリを作成
mkdir /home/tomcat6work<Enter>

ディレクトリの所有者を変更
chown tomcat6:tomcat6 /home/tomcat6work<Enter>
作業用ディレクトリの所有者を tomat6 とした。

作業用ディレクトリが出来たと思いますので、先にダウンロードしておいた、 ファイルを作業ディレクトリへコピーしておいて下さい。

ファイル所有者を変更

作業用ディレクトリにコピーしたファイルの所有者を「tomcat6」に変更します。
cd /home/tomcat6work<Enter>
chown -R tomcat6:tomcat6 /home/tomcat6work/.<Enter>

tomcat ドキュメントインストール用にディレクトリを作成

mkdir /usr/tomcat6<Enter>

ディレクトリの所有者を変更
chown tomcat6:tomcat6 /usr/tomcat6<Enter>

作業ユーザの変更

作業ユーザを「tomcat6」に変更します。
su - tomcat6<Enter>
$
プロンプトのマークがスーパーユーザを示す「#」から一般ユーザを示す「$」 になったのが、確認出来ると思います。

Note: プロンプトの「#」や「$」の前に「[ユーザ名@サーバ名 現在のディレクトリ名]」等が表示されている かも知れませんが、ここでは省略しています。

ファイルの解凍

ダウンロード済みの、圧縮ファイルを解凍します。

作業ディレクトリへ移動
cd /home/tomcat6work<Enter>

ファイルの一覧を確認
ls<Enter>
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz      apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.md5
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.asc  apache-tomcat-6.0.18.tar.gz
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.md5  apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.asc
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz      apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.md5
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.asc  


「apache-tomcat-6.0.18.tar.gz」を解凍。(Tomcat 本体です)
tar xzvf apache-tomcat-6.0.18.tar.gz<Enter>
... 中略


「apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz」を解凍。(ドキュメントです)
tar xzvf apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz<Enter>
... 中略


ファイル解凍後に、もう一度、ファイルの一覧を確認
ls -F<Enter>
apache-tomcat-6.0.18/                     apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.md5
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz      apache-tomcat-6.0.18.tar.gz
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.asc  apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.asc
apache-tomcat-6.0.18-deployer.tar.gz.md5  apache-tomcat-6.0.18.tar.gz.md5
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz      tomcat-6.0-doc/
apache-tomcat-6.0.18-fulldocs.tar.gz.asc

「apache-tomcat-6.0.18」「tomcat-6.0-doc」と言う2つのディレクトリが 作成されている事が確認できると思います。

ファイルのコピー

解凍したファイルを、作業ディレクトリから、インストール先ディレクトリへコピーします。

tomcat 本体をコピー
cd /home/tomcat6work/apache-tomcat-6.0.18<Enter>
cp -r . /var/tomcat6/<Enter>


ドキュメントインストール先のディレクトリを作成
mkdir /usr/tomcat6/docs<Enter>


ドキュメントをコピー
cd tomcat-6.0-doc<Enter>
cp -r . /usr/tomcat6/docs/<Enter>


ここまでで、Tomcat6 のインストールは完了です。
続いて、Tomcat6 の設定を行っていきます。

環境変数を設定

ユーザを root に戻して、環境変数を設定する。

「/etc/profile」を編集し、環境変数を設定する。編集個所は緑字。
# /etc/profile

# System wide environment and startup programs, for login setup
# Functions and aliases go in /etc/bashrc

pathmunge () {
        if ! echo $PATH | /bin/egrep -q "(^|:)$1($|:)" ; then
           if [ "$2" = "after" ] ; then
              PATH=$PATH:$1
           else
              PATH=$1:$PATH
           fi
        fi
}

# jdk path setting
pathmunge /usr/java/jdk1.6.0_11/bin
JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_11


# Tomcat setting

CATALINE_HOME=/var/tomcat6

# ksh workaround
if [ -z "$EUID" -a -x /usr/bin/id ]; then
        EUID=`id -u`
        UID=`id -ru`
fi

# Path manipulation
if [ "$EUID" = "0" ]; then
        pathmunge /sbin
        pathmunge /usr/sbin
        pathmunge /usr/local/sbin
fi

# No core files by default
ulimit -S -c 0 > /dev/null 2>&1

if [ -x /usr/bin/id ]; then
        USER="`id -un`"
        LOGNAME=$USER
        MAIL="/var/spool/mail/$USER"
fi

HOSTNAME=`/bin/hostname`
HISTSIZE=1000

if [ -z "$INPUTRC" -a ! -f "$HOME/.inputrc" ]; then
    INPUTRC=/etc/inputrc
fi

export PATH USER LOGNAME MAIL HOSTNAME HISTSIZE INPUTRC
export JAVA_HOME
export CATALINA_HOME

for i in /etc/profile.d/*.sh ; do
    if [ -r "$i" ]; then
        . $i
    fi
done

unset i
unset pathmunge

tomcat の起動テスト

環境変数を有効にするために、再ログインし、tomcat の起動テストを行う。
$CATALINA_HOME/bin/startup.sh<Enter>

Note: この作業は root ユーザで行っている。

ポート8080を開放

クライアントファイアウォールが有効になっている場合、 Tomcat の使用ポート8080を解放しないと、LAN 経由で Tomcat サーバへアクセス 出来ませんので、ポート8080を解放します。

今回は、webmin経由で行う。
webminへログイン
「https://サーバのIPアドレス:10000/」
へウェブブラウザを使い接続。
●ログイン

●Webmin >> ネットワーク >> Linux ファイヤウォール
>「ルールを追加する」<実行>
>実行するアクション「(*)許可」
>ネットワークプロトコル「等しい」「TCP」
>宛先のTCPまはたUDPポート「等しい」「8080」
>接続状態「等しい」「新しい接続 (NEW)」
>「作成」<実行>

>「設定を適用する」<実行>
●ログアウト

ウェブブラウザから Tomcat へ接続

「http://サーバのIPアドレス:8080/」

Tomcat の設定が正しく出来ていれば、Tomcat のページが表示され、
「If you're seeing this page via a web browser, it means you've setup Tomcat successfully. Congratulations!」
等の、メッセージを確認出来ると思います。

Tomcat へ接続が成功したら、サンプルの Servlet と JSP をいくつかテストしてみてください。

Tomcat のセットアップは以上です。

動作確認環境:
Apache Tomcat 6.0.18
CentOS5.2(Linux)
JDK 1.6.0_11
Webmin 1.441

・2009-01-11